2014年1月14日火曜日

緑茶連日摂取で、β遮断系降圧剤血中濃度減少

BBC(http://www.bbc.co.uk/news/health-25716708)に、緑茶が降圧剤効果減弱として報道されている。


有機アニオン輸送ポリペプチド:organic anion transporting polypeptide (OATP) 


 OAT1の基質には, cAMP, cGMP, プロスタグランジンE2, 尿酸, ジカルボン酸などの内因性有機アニオン, βラクタム系抗生物質, 利尿薬, NSAIDs, メトトレキセートなどのアニオン性薬物, 各種抱合体, 環境異物など多様な有機アニオンが含まれる.
http://plaza.umin.ac.jp/JPS1927/fpj/issue/TOC01-117(3)/00-117-177.html 

 ジュース成分はOATP(OATP-B、OATP-Aなどの関与が考えられている)、P糖タンパク質によるフェキソフェナジンの輸送を阻害する。OATPは消化管管腔から血液側(いわゆる吸収)へ、P糖タンパク質は血液側から消化管管腔側(いわゆる分泌)への輸送を担っているため相反する阻害作用であるが、前者への阻害効果が強く、全体としては吸収阻害となり、血中濃度が増加すると考えられる。ジュースに含まれるバイオフラボノイド(ナリンジン、ヘスペリジン、ナリンゲニン、ヘスペリチン、ケルセチンなど)、フラノクマリン 類、メトキシフラボン類などがOATPの阻害物質と考えられている。果物ジュースと相互作用して、OATPを介した吸収が低下する薬物として、セレクトール〈セリプロロール塩酸塩〉、テノーミン〈アテノロール〉などが知られている。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/contents/brouse/t_184710.pdf

緑茶と、β遮断系降圧剤:ナディック
 ↓
緑茶(700ml/日)14日間摂取で、β遮断剤である、ナドロール(ナディック)の血中濃度を激減させることが分かった(Cmax 85.3%、AUC0-48 85.0%減少 (P < 0.01) )
OATP1A2 (Km=84.3 μM)がナドロールを基質として抑制し、OATP1A2-mediated nadolol 摂取を抑制する。

Green tea ingestion greatly reduces plasma concentrations of nadolol in healthy subjects
S Misaka ,et. al.
Clinical Pharmacology & Therapeutics (13 January 2014) 
doi:10.1038/clpt.2013.241


果たして、β遮断剤だけなのだろうか?


Green tea and irinotecan metabolismGreen tea and irinotecan metabolism
Clinical Pharmacology & Therapeutics 75, P36 (February 2004) 
doi:10.1016/j.clpt.2003.11.136

0 件のコメント:

コメントを投稿

抗CD3抗体 Tapizumab FDA承認

使い勝手はよくなさそう FDAは、史上初の1型糖尿病遅延薬Tzield(テプリズマブ-mzwv)を承認しました (news-medical.net)  Tapizumab  テプリズマブは、特異的免疫細胞の表面にあるCD3マーカー分子に結合するヒト化モノクローナル抗体です。その作...